ドイツのアパートは、一般的に家具なしが多く、台所が付いていないアパートもあります。その場合は店子さん(アパートの借主)が自分で用意しなければなりません。これはドイツ人の場合、自分の気に入ったキッチンを引っ越し先に持っていく人が多いためです。

 

↓↓ 続きはこちらから ↓↓

 

もし台所が付いている場合も、それが前の店子さんのもので、それを譲り受けて購入しなければならない場合も多々あります。今まで日本人が入っていたところなら大抵台所が付いています。照明器具も普通は付いていませんので、自分で用意する必要があります。

 

引越しをする前にまずその照明機器を用意する作業が一番最初に必要となる場合があります。そういう意味で家具付アパートが便利ですが、家具付アパートはその分家賃が高く設定されています。長く住むことが分かっている場合、あるいは自分の気に入った家具を揃えたい場合は家具無しアパート、最初から長く住む予定は無 く、家具等にわずらわされたくない場合は家具付アパートがお勧めです。

 


ドイツのロルちゃんによるドイツのアパート事情の説明です (147)

9:40のところまで(9:40以降は失業に関して)

 

 ドイツのロルちゃんによる、ドイツのKlein Garten (067)

(庭のないアパートに住んでいる方のために

市から用意されたレンタルのお庭です)

 

レノビールング(アパートの修理)・日曜大工

Druckversion | Sitemap
© Netdeduessel UG